www.intransitcentre.info

クレジットを店頭において決済する際にもれなく体験したことがあるのではないかと思いますが、レジの人が不慣れなためにいったいどの紙をカード利用者のもとへ渡すべきかわかっていない時がおありかと思います。というのも、クレカを決済すると、マシンの方から3枚1組の使用レシートが吐き出されるためでこの明細のうちどのレシートをカード利用者の方に渡すべきか判断できないというケースがあるのです。使用レシートの解説》これまで述べた複数枚の紙の説明とはいかなるものかを要約すると以下のようになります。1カード利用者へ保管して頂くレシート。2お店の控え利用明細。3クレジットカード会社保管用明細(サインする紙)。普段はお客様に対して渡す用の使用明細を渡してくれるのだが稀に店舗で保管する明細をお客様へ渡すような場合であったりサインした方の使用明細を渡すようななんていう事例も存在します。このようなパターンはアルバイト店員であったり、通常クレジットが使われるケースの少ないお店の会計にてクレジットを利用すると、こんな従業員の焦りが拝見することが出来ると思います。(笑)。今後誤った方の明細を渡そうとしてきた場合は、怒りを抑えて「間違ってますよ」と一言正してみてはいかがでしょうか。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.intransitcentre.info All Rights Reserved.